食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2010年9月アーカイブ

du muscats.jpg

収穫の秋です。

梨や桃、いちじくも大好きですが、ブドウが一番好き。

たいていは、アルコールになってますが。

なぜか、私の実家ではこの小鹿田焼のスープカップが

こんな感じで使われてることが多い。

母がすごいチャレンジャーで、

私がサンプルの器を渡すといろんなものを入れて楽しんでいる。

お正月には、黒豆が入ってたし、夏には枝豆、ピクルス etc...

なんでも絵になる素晴らしいスープカップです。

↓ マダム・ミッシェルの庭のぶどう

IMGP2914.JPG

30歳過ぎて、パリにホームステイをした先はスゴク料理の上手な

一人暮らしのマダムのアパート。

ソースやドレッシングまで全部手作りで、冷凍食品、レトルトなんて一切ナシ。

 

そこで覚えてしまった危険な食べ物 「Fromage blonc フォマージュブロン」。

熟成させない牛乳のみのチーズ(合ってる?)です。

まあ、フランスで、ぶどうを皮ごと種もボリボリ食べるのも3日もすれば慣れ、

くっさーい、ヤギのチーズにバターを付けて食べることにもやはり慣れたある日、

冷蔵庫を開けたら前日のぶどうが何かに浸って入ってます。

マダムに何に浸ってるのかと尋ねると、気の抜けたシャンパンでした。

果物はたいてい何でも良くて、飲み残しのシャンパンか白ワインに2時間くらい浸す。

それに、フォマージュブロンをかけて食べると、

最高ーーーーーーーーーーーーーーーに、美味いのです!

シンプルで良いですよね 。

↓ こちらはラズベリー

IMGP2995.JPG

帰国後は、仙台中のフォマージュブロンを買いあさってましたが、

最近はどこにも売ってないなー。食べたいなー。

食欲の秋?    

いいえ、郷愁の秋です!

IMGP3288.JPG

続きまして、

他県から Les-VACANCES レ・ヴァコンスへ車でいらっしゃる方へのご案内です。

当ショップは、西公園向かい、公園通りに面しています。

正栄.gif

 高速道路宮城IC(仙台西道路)を出てすぐの西公園通りを左折

(歩道橋のある交差点・立町小学校前)

最初の信号手前の公園の向かい側に当ショップがございます

西公園側は、a.m  8時ーp.m5時まで 路駐可能です

 

◆◇ コインパーキングご利用の場合 ◆◇

  ◆高速道路宮城IC(仙台西道路)を西公園通りより先で出て

    すぐの大きい交差点、晩翠通りを左折

     1つ目の信号左手のファミリーマートの建物が大仙台駐車場

    http://www.carpark-navi.com/item0065.html 

 

         ◆このファミリーマートを左折し、一方通行を進み

   信号を超え、ローソン隣りもコインパーキングです(小さめですが) 

   ※この他、ドンキホーテ周辺などいくつかパーキングはございます

10月2日(土) a.m 11時ーp.m 18時

この度、鳴子フォーラムに他県より参加のフォーラム会員の方に

 Les-VACANCES レ・ヴァコンスをご見学していただけることになりました。

上記の日時のみとなりますので予めご了承くださいませ。

まずは、仙台駅からのアクセスのご案内をさせて頂きます。

 

◆◇ 仙台駅からバスでご来店の場合 ◆◇ 所要時間 20分

      バス停 「仙台駅前」より乗車ー「メディアテーク前」下車 

   バス停4つ目/ 約15分  この区間 大人100円で乗車できます

   交通局・大学病院前行き  

   ※必ず 「定禅寺通り(じょうぜんじどおり)経由」にお乗りください

   ※ペデストリアンデッキ下のバスプールからは乗れませんのでご注意ください

 

 「仙台駅前」バス停は、仙台駅西口2階からぺデストリアンデッキより

旧仙台ホテル(LOFT ロフト隣設)脇の階段(エスカレーター)を降ります

 

ちなみに、この 旧仙台ホテル前に「鳴子行き」のバス停22番があります。 

時刻表はコチラ  http://www.miyakou.co.jp/ 

 

そのまま青葉通りを直進し、信号を渡った庄内銀行の前に

「仙台駅前」のバス停があります。

そこから 「交通局・大学病院前行き」バスにお乗りください。

このバスの本数はありますので、頻繁に来ます。

 

「メディアテーク前」で降車したら、定禅寺通りを進行方向に進み、

突き当たった西公園通りを左折します。道なりに進んで行き、

信号2つ目の赤レンガの建物(YMCAプール)の隣のマンション

「正栄ビル」(建物の一番上に看板があります)の1階が レ・ヴァコンス です。

バス停より 徒歩約5分

 

Les-VACANCES レ・ヴァコンス 

宮城県仙台市青葉区立町9-14 正栄ビル西公園101

tel/fax :   022-399-8573

HP : www.les-vacances.jp

blog :  http://les-vacances.jp/diary/

今夜は、雨もやんで虫の声が聞こえます。

お月さまが見えないのは残念ですが・・・

実家に立ち寄ったら、家族が月見うどんを食べてました。

 

レ・ヴァコンスは、文化地区にあるからか、観光客の方の入店もよく見られます。

旅行で仙台にいらした方から、仙台のイベントを逆に教えて頂いたりすることもしばしば。

それでは、いかん!と思い、最近は少しだけイベントをのぞくようにしています。

 春にやっぱりお客様に聞かれて説明ができなかった

「October fest 」

October fest 002.JPG

 ちょうど母が 「いとこ会」をそこでするというので

(母のいとこの えっちゃんはドイツに住んでいたのでご案内して頂きました)

私たち「はとこ」も便乗。

私はビールを飲むとお腹が痛くなるので普段は飲まないのですが

グラス欲しさに頑張って350ml 飲みました。

October fest 004.JPG

 さらに白ワイン。

ソーセージ、ポテトさすがに美味しい。

ホヤ、タコのチヂミ、タコ軟骨の唐揚げ、ポテトのパンケーキ etc・・・

ジャンクフードも大好きな私にはたまらないビール(ワイン)のアテです。

October fest 007.JPG

「乾杯ー!」「Prosit ! 」

グラスの下の部分をぶつけ合うのがドイツ式。

October fest 005.JPG

 

そして今回のもう一つの目的は、「euro bus 」さん。http://eurobus.jp

October fest 初参加とのこと。

 October fest 006.JPG

スタッフのNさんは、レ・ヴァコンンスのお客様。

もちろん「鳴子フォーラム」参加です!!!

私はお友達の子供へのプレゼント探し。

母はお友達のお孫さんにプレゼント探し。

October fest 013.JPG

木のカメのおもちゃは、歩かせると背中の虹色のボールがクルクル動きます。

これ、最高にカワイイ。Helsinki の Tengo くんに送ろう(あー持参したいっ)

おままごとセットのホーローの鍋と食器洗いは、しっかり自分で使う予定。

October fest 014.JPG

October fest 015.JPG

ビールや美味しいソーセージも良いけど、ドイツはやっぱり

こんなメルヘンなおもちゃとお城のイメージ。

ローデンブルグやニュルンベルグなどの南ドイツは

昔ながらの鍛冶屋さんとか、こんな木のおもちゃ屋さんとか

とても良い文化が普通に残ってる町が多い。

その町の鍛冶屋さんでしか看板を作ってはいけないという

規制もあるし、未だに城壁で囲まれている町もある。

そんな文化を大切にしている国で作られたおもちゃは、

子供の頃からものを大切にする心を育ててくれそうです。

 

仙台はかなり寒くなり、屋外でビールはちょっと・・・という方は

eurobus さんをちょっとのぞいてみてください。

そこには心温まるドイツの文化を感じられるはず。

otsukimi 003.JPG

連日、他県からのお客様のご来店。

仙台でも街なかから外れた Les VACANCES へわざわざ足を運んでくださり

誠にありがたい気持ちでおります。

お客様 Waka さんの「 Twitter 」 繋がりの方が意外に多い。

「 Twitter 」ってやっぱりスゴイと実感。。。Wakaさんありがとうございます。

ブログでモタモタしてる場合じゃないなぁ・・・

 

さて昨日、太田潤さんの追加注文のガラスが入荷しました。

Ohtajun.jpg

展示会でお求めになられたお客様から、「使いやすい」、「きれい」

とのことで、数の追加など色々とご注文を頂いたのです。

実際に頻繁に使う女性から、「使いやすい」、「もっと色々使ってみたい」

と感じて頂けるってなかなかある事じゃないですよね。

 

また、以前から大き目のビアグラスをご要望の Yuri さんのグラスを

太田さんにイメージを相談して、試作して頂いたところ、

とてもバランスがよく、女性でも持ちやすいきれいなグラスに上がってきました。

Lily glass.jpg

写真の真ん中のスカイブルーのグラスですが、

太田さんの奥様が「洗う時に手が入って洗いやすい」とか

置いた時のバランスなど女性ならではの「使い勝手」を

とても考慮してくださったんです。

そしてシンプルな中に、柔らかさとどこか花のような佇まいに

思わず 「 Lily ・リリー(ゆり) 」 と名付けてしまいました。

ご注文された Yuri さんもとーっても美しい方なんですよ。

このグラスでたくさんお酒を飲まれるんだろうなーと想像してたら、

「気に入ったのでもっと大きいサイズもほしい」と Yuri さん。

さすが酒豪です(爆笑)!!!

 

レ・ヴァコンスにはバラやアジサイが飾られてますが、

私は定番のコムデギャルソンの香水「Lily 」をつけて今日はLily 気分です!

(コレもかなりお勧めです!スゴクいい香り!)

 parfam 001.JPG

この3連休は、いかがお過ごしでしたか?

お墓参りに行かれたり、芋煮会やバーベキューなど

皆さんの予定は様々。

レ・ヴァコンスには、やはり他県からのお客様もご来店されました。

山形、東京、果てはオーストリアから。

東京のシェフの方、仙台にお店出してくれないかなー。

いつも打ち合わせの時にランチする中目黒の「HUIT」みたいなブラッセリー

是非フレンチの家庭料理を食べさせてほしいです。仙台で!

横浜からのお客様が、神戸の店舗物件が安いと言ってましたが・・・

だめっ!仙台でお願いします!

オーストリアのデザイナー志望の方も是非仙台発信で!

楽しみにしています。

cranberry.jpg

私もちょっとだけ、VACANCE(ヴァコンス)してきました。

そこで出会った  cranberry

やちむんの角鉢に

caramel.

RUE DE PASSY のキャラメル

CITRON が美味しかったなー

そういえば、ラデュレのマカロンも CITRON が好きです

 

ちょっとした時間を作って、いつもと違う景色を見るのは

本当に気持ちが良くって、自分にも良い気が入ってくるのがわかる

日常を離れて、少し肌寒くなってるかもしれませんが、

来週の週末は、是非、鳴子に遊びにいらっしゃいませんか?

結局コレ(笑)

仙台ー鳴子 宮城交通バスのご案内はhttp://www.miyakou.co.jp/bus/express/index.html    

http://www.miyakou.co.jp/ 

高速バス → 地図から「宮城」を指定 → 「鳴子ー仙台」 で時刻表が見れます。

電車だと乗り継ぎがスムーズではない時間帯もあるようですのでお気をつけて。

 

前置き長くてスミマセン・・・

 

 

先週末からずっと雨でしたが、今日は気持ちの良い秋晴れ。

店の扉を開けたままでいたいけど、西公園から足の長ーい蚊が攻撃してくる。

シマシマの足のその蚊のことを祖母がよく

「仙台平の袴をはいてよくござった」なんて言ってたな。

オシャレな蚊なの???

たまに見とれるからしっかり刺されちゃってました。。。

 

さてこの秋は、私が地元仙台に戻って8回目の秋。早いなー。

レ・ヴァコンスのイメージが出てきたのが4年前なので、

それまでの4年間は、未来が見えなくて、バイトしながらも悩んでいた時期。

バイトの帰りに、一人立ち寄ったそこ(名掛丁)には、

「ジャンジャン横町」があり、

伝説の店「moga」があり、

「噂のパリジェンヌ」という素敵な焼酎との出会いがありました。

 

いつでもウォッカに変更できるよう「My Glass」なんて用意してもらっちゃって。

 

そして、私と同様、悩んではいなかったと思うけど、

一人で飲みに来ていた女子たち。

↓ コチラ

moga

先週末、久し振りに集合がかかり名掛丁アーケード内での飲み。

それぞれでは会ってるし、みんなレ・ヴァコンスのお客様なので

(鳴子にも来てくれるって)会うと器の話になったりする。

でも今夜の一番のネタは、「カミナリ」!

あ、カミナリみたいなポーズだ(笑)

shihokimie.

↑ こちら30代。さわやか白シャツ!

まだまだパワー全開!!! 瓶ビールだしぃ。

右、K美ちゃん、なんと落雷経験3回(引き出したらもっとありそう)

左、S保ちゃん、熱燗を呑む姿が美しい。けど量がすごい!

sayurisan

↑ こちら40代。ブラックですがなー。 しっとりワインで・・・

あ、S姉さんさっきビールと焼酎交互に飲んでましたよねー?

お家では、やちむん、小鹿田、石見の器、フル活用してくださってます。

有難うございます。

あ、私、シマシマだし。過敏・・・

 

いつも変わらなくって、懐かしくって、とっても楽しいメンバー。

4年前も「moga」で、こんな時間に助けられ、癒されてたんだなと思う。

 

大好きだったジャンジャン横丁の一角は無くなってしまったけど

たまには仙台らしいこの駅前名掛丁で

昭和のオヤジのように時々、酔っ払げ(仙台弁?)るのもいいな。

 

「さぁ、けーる(帰る)よぉー」、「けーろー(帰ろう)」

mogazonesu.jpg

passage.

みんな、ありがとう。

鳴子気をつけて来てけろ。

◆日本の手仕事 暮らしの良品展(展示即売会)

 期間  10月 1日(金)~ 4日(月)

      am10:00~pm5:00 最終日pm3:00 まで

 会場     山ふところの宿 みやま

 

 「座論の会」

 日時     10月3日(日) pm1:30~4:30

   会場  鬼首山学校体育館 (入場料・千円)

 

naruko2010blog.jpg

 

皆さん、お待たせしました!

ようやく鳴子フォーラムのフライヤーが出来上がってきました。

今回も染色家・小田中耕一さんの美しい型絵染めでのご案内です。

今年は、お正月からこの事ばっかりピーピー言ってたような気がします。

興奮してるわりには、「あ、でも10月なんですけどね。スミマセン。」

と、いう感じに。

でも、レ・ヴァコンスのお客様は、「10月なんてあっという間に来そうですよね」

って、おっしゃってくださり、本当に皆さん優しいっ。

そして、皆さんスケジュールを調整してくださってるようで

連日お問い合わせを頂いております。有難うございます。

naruko2010blog2.jpg

手仕事フォーラムをまだよくご存じない方は → http://teshigoto.jp/ 

 

 お問い合わせを頂いてるお客様を中心に、フライヤーのコピーになりますが フライヤーのふらフライヤーふふふふううふうふffffっふ

ご案内を送らせて頂きます。

また、レ・ヴァコンスの店頭でもお渡ししております。

どなたでも参加できるイベントですので、皆さん、お気軽にいらしてくださいね。

メインイベント「座論の会」がある3日(日)は、鳴子 jazz festival が 行われておりますので

宿泊の方は、宿の予約をお早めにー。

 

レ・ヴァコンスは、9月30日(木)~10月5日(火)は、店とネットショップを

お休みさせて頂き その間、鳴子フォーラムにて、お手伝いをしつつ

日本の手仕事の現状を勉強してこようと思います。

皆さんとも、鳴子でお会いできるのを楽しみにしていまーす!

le jazz

 

昨日、今日と仙台の街は jazz が流れていました。

雨なのに、みんな傘さして楽しんでる感じがすごくいい!

西公園では、ドラムではなく、太鼓?よさこい? ???

 

午前中にはお隣り ハレコアさんのウクレレ演奏があったみたい。

それは行きたかったなー。

 

レ・ヴァコンスでも久し振りに jazz をかけてみることに。

仲良し Sちゃんのパパさんに頂いた jazz の CD。

パパさんは、すごくセンスが良くて、jazz のレコードジャケットをリビングに

素敵に飾っていたのが印象的。

レ・ヴァコンスのオープンの時にたくさんの CDをプレゼントしてくださいました。

冬まで、またフルに活用させていただきますっ!

 

私のお気に入りは、『 TWO FOR THE ROAD 』

A・ヘップバーンの映画を思い出したりもしますが、

ノスタルジックと思いきや、意外に前向きで

芯があって LOVE を忘れない女性を連想する歌詞。

カッコイイー

そういえば、レ・ヴァコンスのお客様ってそういう女性が多いかも。

自分の仕事、やるべき事、しっかり背中に背負ってて、

でも バッチリ秋の装いで オシャレに店に入ってくるところが

またニクイんですよ。

 

 

CHARLES MINETTI

 

そんな素敵なお客様に無理矢理からみつつ、

西公園の濃い緑を見ながら、jazz  に浸り

 

合間、やちむんを接客する私(今日は、やちむんの日だ!)

 

合間、よさこい?

ようやくいつもの仙台らしい、過ごしやすい初秋に突入。

慌ててサンダルを棚奥に押し込み、ウールのボトムスを引っ張り出し、

まだ夏仕様の髪型に納得いかないバタバタの出勤前。

太田潤さんの硝子展の余韻にまだまだ浸っていたかったのに、

すっかり涼しくなっちゃって。。。

 

お店の秋っぽいレイアウトも何も決まってなく、悶々としながら、お店に向かっていると

l'automne

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な、なんと、とーっても可愛いバラの花に出会ってしまいました!!!

サクッとハートを捕まれ、昨日からのプチうつがぶっ飛びましたー!

早速、購入。血圧上がってます。

なんて単純。こうなるとレイアウト早いです(笑)

 

l'automne 013.JPG

香水瓶も花瓶にしちゃえ

早いけどキャンドル点けちゃえ(さすがに早いかな)

 

金平糖入れもハーブの茶葉入れよー

l'automne 014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   いばb

l'automne

 バリエーションが揃った石見(いわみ)焼はメインの棚に

 一番左端とその隣奥が、新入荷の300mlのプチサイズ。

コロンとしてて、とーっても可愛いです。一人暮らしの時、欲しかったー。

その他、新アイテム5合の蓋付き甕と湯ざましも使い勝手抜群ですよ。

そして、レイアウトも少し秋らしくまとまった頃・・・。

 

Tさん、ご来店。

「えー、硝子展終わってるー!コップ買いに来たのにー」

(爆笑)良かった・・・

私と一緒、硝子の余韻に浸っている人がここにもいた(笑)

 

fotflops

Tさんお勧めのビーサン

注文してたのをすっかり忘れてて、今日届いてビックリ。

朝のバラと同じ色でした。

太田 潤 手吹き硝子展開催中 9月5(日)まで

L'exp

 

こんにちは。 9月なのにまだまだ暑いですね。

夏は大好きですが、少しは秋の風を感じたいですよね。

 

さて、古いプランターに並べた太田 潤さんの硝子のお葉書は届いてますか?

今週5日(日)までとなりますので、是非お出かけください。

 

ohtajunL'exp

 

モスグリーン、スカイブルー、アンバー・・・、どの色も自然な癒される色味です。

 

ohtajunL'exp

 

気泡の入ったもの、蓋が付いているもの

ルーブルで見たシリアやイランの古いガラスのようです。

 

IMGP2955.JPG.jpg          

le Musée de Louvre

 

そういえば、ルーブルのガラスの館に何時間居ただろう・・・

歪んでたり、欠けてたり、砂が付いてても、こんな原始的?なガラスはとっても落ち着きます

 

太田潤さんの工房にあった煤にまみれたサンプルのガラスもこんな感じだった(スミマセン、褒めてるんです)

コレ↓

秋月野鳥

 

紀元前、生活の中から作りだされたガラス。

太田潤さんのガラスもまた土、火、水などの自然からの産物なんだな、と

毎日ガラスに癒され、涼んでます。

皆さんもどうぞ。

ohtajunL'exp