食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2013年5月アーカイブ

 

本日は「金継ぎワークショップ vol.5」にご参加頂き誠にありがとうございました。

新緑が眩しい気持ちのよい気候で、1、2回目のあの大雪が今では信じられません。

 

今回は今までより人数が多く、男性が半数以上ということで

テーブル2台出しの、店閉めーの、の初試み。

 

手狭にもかかわらず、皆さん真剣に、手際よく進めていきます。

余裕すら感じます。

 

SSC_0034.jpg

 

 

SSC_0029.jpg

今回一番の難物(粉々まではいきませんけど)に挑戦のYくんに

丁寧に指導される講師の及川さん。

 

 

SSC_0036.jpg

 

こちらは飲食店さんチーム。

皆さん仙台のどこかでお会いしたことありますよね。

 

SSC_0037.jpg

 

器もまた使えるようになり、お店で美味しいお料理が美しく盛られることでしょう。

 

 

SSC_0035.jpg

 

早速、今夜あたり、食卓に乗ってるかもしれませんね。

 

及川さんのご好意で8月にも開催することになりました。

またTwitterやブログで告知致しますので、ご興味のある方は、

是非、お問い合わせくださいね。

本日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

明日の14:00−16:00の間、金継ぎワークショップのため

一時クローズ致します。

お買い物を予定されているお客様には申し訳ありませんが、

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

IMG_4109.jpg

 

ノルウェーのワセリンとアロエベラも配合されているリップバームが入荷しました。

 

このワセリンはスウェーデンに行く度、スウェーデン使用(中身は同じです)を

買いだめするくらい我が家で大活躍のもの。おばあちゃんも子供達も使ってます。

寒い冬の乾燥だけでなく、季節の変わりめの肌の不調時にも頼れるんです。

 

さすが北欧!寒い東北にもぴったりって私は思ってます。

パッケージもかわいいですよ。

 

ノルディックワセリン 40g         315yen

ノルディックワセリン アロエベラ  20g         399yen

 

 

 

 

 

 

 

今年の春は器の展示会がなかったのですが、

いよいよ来月から怒濤の展示会これでもかDM攻撃が始まります!

 

昨日は陽が差してきた頃合いを見て、6月末からの「久野恵一氏が選ぶ出雲・民窯の器展」の

DM用の写真を接客の合間にザザっと撮ってみました。

 

イマイチ納得してませんが、構成をしてくれる友人が

きっとなんとかしてくれるでしょう

(それに期待してる無責任な店主でございます)。

 

 

IMG_4071.jpg

 

DMに使ったこのピッチャー、私が10代の頃に初めて買った日本の焼きものです。

倉敷のある器屋さんで、倉を改造した薄暗いけれども雰囲気のある店内で

他にも色々かわいい雑貨がたくさんあったのに、こんな渋めの

しかもピッチャーを使う生活なんてしていないのに、

フォルムと色と、強いていえば把手との絶妙なバランス?

。。。ウソウソ、そんなことは当時全く考えず、ピッチャーの独特な形に惹かれて、

気がついたらスペインのピッチャーと2つ選んでました。

 

 

IMG_4073.jpg

 

お恥ずかしい話、部屋に花を飾ったり、ピッチャーで水やワインを飲むなんて

そんな余裕のある生活とは無縁でしたし、

8回の引っ越しにもちゃんと着いてきてくれたのにもかかわらず、

25年もの間このピッチャーはあまり使われることはなかったのです。

 

でもこの度、いきなりDMデビューです!

 

最近、久野恵一さんのお話しを聞いて思ってることは、

民芸の器の良さを知るには、そのもののどういうところが良いのか、

何故おもしろいのか、形や色をじっくり見ることが大切だということ。

作られた背景やその土地の気候、自然からどのようにして、

それが生まれたのか。

 

何点か同じものがあっても登り窯で焼かれてたり

手仕事で作られたものは全く同じではありません。

そしてそれを手元に置き、「何に使おう」と思うのも良いということ。

 

それは年齢や日々変化する生活環境、想像力でも変わってくる

お料理だって、色んな調理法があって日々進化してるわけですから、

器を選ぶ時に「あの料理を乗せたらいいかも」なんていうのは、

案外アテにならない選び方なのかもって思ったりしています。

 

外村吉之介氏も「少年民藝館」の中で、良いものを身近に1つおいておくだけ

心の持ち方まで良くなってくると書いています。

ピッチャーを側に置いてながめてるだけの25年でも、それを見ていただけでも

見ていないよりは、少しは感性が養われてるのかもしれませんよね。

 

 

「民藝の良いもの」って?

「まずはどんな器を買ったらいいの?」って思ってる方には

是非、ご覧頂きたい展示会の内容です。

DMちゃんとできるといいなー。

 

IMG_4080.jpg

 

 

 

 

 

 

HPにご案内を載せましたが、6月に当店で行われる

大友みゆきさんの「ガラス器のための冷たい初夏料理」は

おかげさまで2日共、定員に達しました。

お申込頂き誠にありがとうございます。

http://ootomooooo.exblog.jp/20426059/

 

 

みゆきさんが選んだ食材で作ったお料理を

 

沖縄の再生ガラスや福岡の太田潤さんの手吹きガラスに乗せて

レヴァコンスのダイニングテーブルで召し上がって頂きます。

 

どんなお料理が並ぶのか今からとっても楽しみです。

 

キャンセル待ちも申し込める様なので、

メール tsukiniwa@gmail.com までお問い合わせくださいね。

 

 

IMG_1875.jpg

 

miyukisan1.jpg

 

5月3日、当店で販売させて頂いている焙煎茶の大友みゆきさんの

喫茶会を行いました。ご来店頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

煎りたてホヤホヤの焙煎茶をみゆきさんが直々に入れてくださり

皆さんに楽しんで頂きました。

 

miyukisan2.jpg

 

焙煎茶の良い香りが店内いっぱいに広がって

皆さんにも心身共にゆったりして頂けたのではないでしょうか。

 

みゆきさんは、お茶だけではなく「お茶・季節の飲み物と野菜」で、

野菜と雑穀類を使った食事室で活動されています。

その生徒さんも次から次へとご来店され、また食事室をご存知なかった方とも

楽しい食の話しに花が咲き、大盛り上がり。

 

miyukisan3.jpg

 

美味しいものが好き!というのはもちろんですが、

身体が受つけない食材や、苦手な食材があっても

みゆきさんの食事室で克服出来たり、違うもので補ったりして、

「食べる」ということを楽しみ、そして大切なことなんだと皆さん感じているんだなと思いました。

 

近々、みゆきさんの食のイベントを皆さんにご案内できると思いますので、

楽しみに待っていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

IMG_4018.jpg

 

GWも前半が終わってしまいましたが

皆さんいかがお過ごしですか?

 

当店は、東京からお客様がご来店されたり、

日頃、忙しい友人が今日から休みで帰省するからと

お店に立ち寄ってくれたりして、

いつもなかなかお会い出来ない方々との再会がとても嬉しいです。

 

さて、ふらっとお立寄りくださる方にも、ちょっとしたおもてなし企画として、

5月3日(金・祝)13:00-16:00の間は、

「お茶・季節の飲み物と野菜」の大友みゆきさんの

焙煎茶を無料でお出し致します。

 

もちろん、みゆきさんが直々にお茶をいれてくださります。

レヴァコンスの器で美味しい焙煎茶を飲みに

お気軽にお立ち寄りくださいね。

お待ち致しております。

 

みゆきさんのブログでもご紹介頂きました

「お茶・季節の飲み物と野菜」

http://ootomooooo.exblog.jp/20382764/