食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2013年7月アーカイブ

 

20130801.jpg

 

明日から8月ですね。

全国的に豪雨などの被害がみられ落ち着かない毎日ですが、

そんな中「夏の食卓展」にご来店くださった皆様、

誠に有難うございます。

 

ウェブの方までなかなか手が回らず、更新出来ずにいたのにもかかわらず

お電話やメールでご注文くださったお客様にも心より感謝致しております。

 

引き続き店頭には、ガラスや磁器が充実しています。

小鹿田焼・坂本浩二窯の8寸皿(トビカンナ白)、出西窯の丸紋土瓶も

再入荷しております。

 

晴れたり曇ったり、ムシムシしたり寒かったり(仙台は)しますが

お料理が更に美味しく見える器を是非見にいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回ご好評頂いております「金継ぎワークショップ」ですが、

強いご要望があり、8月から再開する事になりました。

只今、参加の申込を受付けておりますのでご希望の方は、

当店の営業時間内に電話か、メールにてお申込ください。

詳細は以下の通りです。

 

「金継ぎワークショップ」

 
日時:8月18日(日)14:30〜16:30
場所:レヴァコンス
参加費:¥1,500(材料費込み)
 
※人工漆など安価で簡単に手に入る材料で行う
本格的な金継ぎではございませんので予めご了承ください。
 
 
陶器(土もの)で割れ、欠けがあるものを1点お持ちください。
磁器、ガラス、木工製品 不可
 
◎人工漆、強力瞬間接着剤、パテなど、天然のものではない材料を使用します。
修復された器は、電子レンジ、オーブン、食洗機はお使い頂けません
 
◎複数お持ち頂く場合は先生にご相談は構いませんが、
指導や時間的な問題から、作業は1点のみと致します。
進行や他の参加者の方へご配慮頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
飲食店さんやお料理関係者の方の参加が続いておりますが、
食べものを乗せる器も大事に使うというお気持ちが素晴らしいですね。
食材も人の手で大事に作られ、それを大切に使ってお料理してるからこそ、
そういう心が生まれるのだと思います。
 
 
 
参加頂いた飲食店さんでは、金継ぎによって再び使えるようになった器をお使い頂いてます。
あまりにも自然すぎて気がつきませんでした。
 
 
touya1.jpg
 
 
 
 
shinogi2.jpg
 
 
 
さりげなーく(?)使ってくださってますね。
 
ついでに金継ぎの器ではありませんが当店でお求め頂いた器とお料理の写真も載せようっと。
 
 
shinogi1.jpg
 
 
 
 
 
shinogi3.jpg
 
 
 
 
サラダも絶品ですが、このアスパラの肉巻きもすっごく美味しいのです。
見た目よりこってりしてないので私の母(70代)もモリモリ食べてました。
仙台駅東口の「氏ノ木(しのぎ)」さんに行ったら是非食べてみてくださいね。
 
 
 
金継ぎ参加もお待ちしておりまーす。
 
 
 

 

 

スマートフォンアプリのinstagramで撮った

「夏の食卓展」の写真です

 

natsushyoku1.jpg

 

木町通のお花屋さん MUGUET さんのブラックミントでミントティー。

バジルやセージも飾って、店内は爽やかな香りが漂ってます

 

 

 

natsushyoku3.jpg

 

福岡・太田潤手吹き硝子工房さんの奥様が送ってくださった

「あまおう酢」のジュースを潤さんのピッチャーとワイングラスで。

メロンの乗ったお皿と箸置きも潤さんの硝子です。

ティーマット(7回風通)は、外村ひろさん。

硝子、陶器、染付けの磁器など、何でも素敵に見せてくれる

色と柄です。

 

 

 

 

natsushyoku2.jpg

 

外村ひろさんには、普段ノッティング(椅子敷)をメインに織って頂いてますが、

通常の織物もモダンなセンスで、しっかりした仕事に心を打たれます。

今回は、ひろさんの織った美しい織りめを生かした鍋つかみを作って頂きました。

 

 

 

 

natsushyoku4.jpg

 

潤さんの大皿。白は何枚かありましたが即完売。

でも、追加で入荷予定です。

人気のモスグリーンにひょうたんと赤オクラ。

こちらもMUGUETさんより。

 

 

 

 

natsushyoku5.jpg

 

 

定番の沖縄再生ガラス/奥原硝子のグラス類もシンプルで安心感があります。

入荷が難しくなってきてますので、色形が揃っているこの時期を

是非、お見逃しなく。

 

 

明日23日(火)は休まず営業致します。

 

 

 

今日から「夏の食卓展」が始まりました。

初日に楽しみにご来店くださいました皆様、誠に有り難うございます。

 

natsu20.jpg

 

店内には手吹き再生ガラスを始め、磁器染付けの器、手織物が涼しげに並んでいます。

今回は、木町通にあるお花屋さん「MUGUET」さんのハーブや野菜を飾ってみました。

ミントやバジル、セージの匂いが店内に香って爽やかです。

 

natsu2.jpg

 

福岡・太田潤手吹き硝子工房さんからは硝子のランプシェードも届き、

いつもより明るい感じも居心地が良いです。

蕎麦猪口とぐい呑みの優しくて趣のある柄が揃っています。

また倉敷緞通、おなじみ外村ひろさんのランチョンマット、

織物のハギレの鍋つかみなども日常で楽しめるアイテムです。

 

7月28日(日)まで開催しておりますので是非お出掛けください。

お待ちしております。

 

natsu3.jpg

 

 

 


Italy p.jpg

 

当店でも人気の沖縄再生ガラス・奥原硝子のイタリー型(ペリカン)ピッチャーが再入荷しました。

今回は、白、ライトラムネ、グリーンの3色(¥4,410)です。

もともとはイタリアの果実酒用の水差しで、ペリカンのクチバシのように

注ぎ口が細くなっているのでコップに注ぐ時に果物が出てこないのです。

 

新入荷のちょっと小ぶりの金魚鉢みたいなピッチャーもとってもきれいです。

 

仙台もようやく暑くなってきましたね。

ピッチャーに氷をカラカラさせて冷たい飲み物を楽しんでみませんか?

 

 

 

 

 

 

natsu1.jpg

 

 

「夏の食卓展」7月20日(土)ー7月28日(日)

open 12:00 - 19:00 ( 日・祝 18:00 close )

※ 7月19、29、30日は商品入れ替えのため

店とネットショップはお休みをいただきます。 

 

吹き硝子、白磁染付けの器を中心に

涼しげなアイテムが揃います。

皆様のご来店をお待ち致しております。

 

 

lv_natsushoku01F.jpg

 

 

 

 

 

先日、レヴァコンスの主催で「久野恵一さんのお話し会vol.4」を開催致しました。

仙台はムシムシした暑い日でしたが、皆様お仕事の帰りやお疲れのところお集り頂き

誠にありがとうございました。

 

ohanashi11.jpg

 

今回もとても貴重なお話を久野さんのバイタリティー溢れるエピソードや

笑いを交えて、約2時間半お話しくださいました。

盛岡から車を飛ばして来られたとは思えないほど、久野さんはパワーがみなぎっています!

お疲れのところ本当に有り難うございます。

 

休憩時間には「お茶・季節の飲み物と野菜」の大友みゆきさんに

焙煎茶を淹れて頂き、

熱気のこもった会場で焙煎茶の香りにホッとするひと時でした。

大友みゆきさんありがとうございました。

 

また会場にてお手伝いしてくださる手仕事フォーラムの皆さん、

お話し会の時間が都合が付かないため、事前の準備、搬出搬入を手伝ってくださった方々、

本当にいつもありがとうございます。

影で支えてくださるお客様や仲間、友人たちに助けられて

このような大きな会を開く事が出来ています。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

久野さんは次回仙台には9月にいらっしゃるそうです。

今回30数名の参加で「去来庵」はギリギリの大きさです。

キャーっ!! もしかしたら次回の会場は「去来庵」ではなく、林香院のホールになるかもです!

夢は大きく! 「50名参加」を目指しまだまだ」頑張ります!

 

 

ohanashi13.jpg

 

 

izumo12.jpg

 

この度の展示会「久野恵一氏の選ぶ・出雲 民窯の器展」にご来店頂き、

誠にありがとうございます。

丁度、梅雨時に当たり、雨の日や蒸し暑い日もあったのにもかかわらず、

皆さんに足を運んで頂きました事、心より御礼申し上げます。

 

皆さんのお家に新しく加わった出雲の器はいかがですか?

今頃はそれに美味しい晩ご飯が乗っている事でしょう。

 

izumo11.jpg

 

 

レヴァコンスは、商品入れ替え作業と別会場での「久野恵一さんのお話し会vol.4」のため

7月8日(月)、9日(火)は実店舗とウェブショップはお休みを頂きます。

10日(水)から通常営業となります。

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

 

 

 

izumo7-4.jpg

 

只今、レヴァコンスでは「久野恵一氏の選ぶ 出雲・民窯の器展」を開催中です。

店のオープン前に暑い中、お待ちくださってる方や2度ご来店される方、県外からも

ご来店、ご注文もあり、久野さんの選ぶ良い手仕事の器を皆さんが心待ちにして

くださっていてとても嬉しく思っております。

ご来店頂き誠に有難うございます!心より御礼申し上げます。

 

今回の出雲の器は、「ずっと眺めてたいくらい、カワイイ!!!」というお声が...

本当に愛らしいのです。

 

鎌倉・もやい工藝店主の久野恵一さんが制作から関わり、細やかに指導され、

何回も試作を繰り返し、商品になった器たち。

シンプルなイメージの出雲の3窯ですが、スペインやフランス、イタリア等の

洋食器がモデルになり、どこかしらにその窯の特長、良さが生かされて、

さりげなく現れています。

 

 

izumo7-5.jpg

 

とても美しい色に上がっている海鼠(なまこ)釉。

窯の中で置かれた場所や火の具合、釉薬の撹拌の仕方で1つ1つ色あいが異なります。

前回の納品のものより濃い夜空のようなブルーに釉薬が溶けて白く滲んでるところや

シノギ(削った)のアクセントの偶然のバランスにも面白みを感じますね。

 

今回の器を見ながら、久野さんはこの器のどういうところが「良い」と言ってるのか

想像しながら楽しめます。

 

izumo7-6.jpg

 

 

「出雲・民窯の器展」は明後日7月7日(日)までです。

9日の久野さんのお話し会も参加申込受付けております。

 

避暑地のような過ごしやすい仙台もいよいよ明日から気温30℃を超えるようですね。

冷たいレモングラスティーやアールグレイをご用意してお待ちしておりますので

どうぞ楽しみにお出掛けください。

 

 

 

 

izumo20130701:1.jpg

 

レヴァコンスでは、大友みゆきさん主催の食事イベントを予定しております。

当店で取り扱っている手仕事の器にあわせて、季節のお料理とお茶をお召し上がり頂きながら、

みゆきさんにレシピを基にお話しいただきます。

 

国産の無農薬野菜と穀物を中心に使い、みゆきさんの独創的なアレンジにより生み出されたお料理は、

見ためと口に入れた時の衝撃と繊細さの絶妙なバランスで、幸せな気持ちにさせてくれます。

 

 

参加申込は、大友みゆきさんのブログの方からお申込ください

 

「磁器と染付に誂えるハーブ料理」

8月24日(土)11:00-12:00  満席となりました

8月25日(日)11:00-12:00  参加申込受付中

 

♦ 参加費  2,100円(税込)料理4種、お茶、レシピ

♦ 会場   Les-VACANCES レヴァコンス  

       仙台市青葉区立町9−14 正栄ビル西公園101

♦ 主催   お茶・季節の飲み物と野菜 大友みゆき

 大友みゆきさんのブログ http://ootomooooo.exblog.jp/20693511/

 

 

izumo20130701:2.jpg

写真:左:ミルクピッチャー/真ん中:シュガーポット/右:片口 全て布志名焼湯町窯

 

レヴァコンスでは、「久野恵一氏の選ぶ 出雲・民窯の器展」を7月7日(日)まで開催中です。

早速、ブログをご覧頂いた県外の方からもご注文も入りました。

さすが久野さんパワーです!!!

 

釉も美しく、一つ一つ温もりがあり、愛らしい形に癒されます。

お気に入りを探しに是非、いらしてくださいね。