食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2014年7月アーカイブ

 

20140725b.jpg

 

 

来月の「夏の食卓展」の納品が始まり、検品に追われております。

今は沖縄の再生ガラスの検品で、硝子は一度洗ってから値札を付けます。乾かす場所がなくてひと苦労・・・

 

今日は仙台でも気温30℃を超え、暑くて暑くて何度もグラスに氷を入れ水分補給しました。

氷や液体が入ったガラスきれいですよね。ただの水でも美味しく感じる。

沖縄の奥原硝子さんの厚みのあるグラスの口当たりもとても良いです。

先日プレゼントで戴いたブルーベリーとシークワーサー酢のドリンクもハマる味!

ブルーベリーの色とガラスの質感がキレイ。とっても美味しかったです!

 

 

写真のフィンランドのクロス(ヴィンテージ)は、フックに引っ掛けるテープが付いてるので

ハンドタオルなんでしょうけどテーブルクロスにしてもよさそうな素敵な風合い、色合い。

こういうカントリー系はとっても好みです。この上に美味しいイタリアンをセッティングして食べたいな。

 

暑い時こそ、栄養つけて頑張らないと!

 

 

 

 

2014-719b.jpg

 

昨夜は、大友みゆきさんの「夜の食事室」に参加頂きまして誠に有難うございます。

タイトルが「やちむんと夏の食材」ということで少しトロピカルなアクセント、

でもすっきり、優しいお料理がやちむんと硝子に並びました。

 

 

 

7月 やちむんと夏の食材

【メニュー】

桃とサルタナレーズンの生トマト、ブルーベリーシークワーサー酢サラダ

ちぎりパイナップル、麩と茄子の重ね焼

焼きキャベツとレモンご飯

メロン甘塩スープ

ハニーブッシュ茶

胡瓜と舞茸の塩麹ハチミツ和え(オマケ?)

 

【器】

やちむん 松田共司窯、宮城正享窯、横田屋窯、照屋佳信窯

小鹿田焼 坂本浩二窯

再生硝子   沖縄・奥原硝子

 

 

 

20140719d.jpg

横田屋窯・知花實さんの器に盛りつけられた料理

 

 

みゆきさんの盛り付けが終わり、「テーブルに並べてください」と指示されると

1つ多いではない??? もしかして・・・?

またまた私たちにも試食を用意してくださいました(やたー!!!)

 

みゆきさんが一つ一つ素材を吟味して選び、丁寧に下ごしらえしているのが目に浮かびます。

シンプルに見えますが、一口食べると素材の自然な味と優しい味付け、奥の深さを感じます。

野菜や調味料を作られた方もさぞ喜んでいることだろうな。。。とまで思ってしまいます。

 

 

 

20140719a.jpg

 

 

 

今月はレヴァコンスのお誕生月でしたので、参加者の方に小鹿田焼の箸置きを

プレゼントさせていただきました。

 

初めての夜の食事室。

皆さんがゆったり寛いで、美味しい!と笑顔で食事されていたのがとても印象的でした。

 

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誠に勝手ながら明日7月19日(土)はイベントの為、18時までの営業とさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

いよいよ明日は「夜の食事室」。

大友みゆきさんからメニューが送られてきましたが、もう、本当に美味しそうです。

カウンターのこちら側から白ワイン片手に熱い視線を送ってしまいそう・・・(お酒は出ませんよ)笑

皆さんに楽しんでいただけそうです。

 

 

20140718.jpg

 

 

そして、明日から今月入荷したフィンランドのもの、少しですが店頭に並びます。

去年から店主自らハマり、とうとう仕入れている中央フィンランドの蜂蜜。

日頃ハーブティーの甘みやお肉を焼く時に使うのに、コクのある甘さ。

定番のタイプは濃厚でちょっとパンチが利いてますが、今回のものは、

今年初めての収穫のもので、タンポポ、ナナカマドなどの初夏の野生の花から採れているそうです。

フレッシュ感がありピュアなのでしょうか(あまり縁のない形容詞でちょっと恥ずかしい・・・)

 

この蜂蜜の作り手さん曰く、他のヨーロッパでオーガニックで作っている所より、

水や空気が3000倍きれいなので、わざわざオーガニックにする必要がないんだそうです。

 

 

 

20140718d.jpg

   Finland Vintage Vase  1950's

ちょっと高さのあるフラワーベース。レリーフがエンボスされていて、さりげなくカッコいいです。

これも色んなお花、飾り甲斐ありそうですねー。

 

 

 

 

 

20140718e.jpg

 Finland Vintage Vase  1950's / Finland Vintage Centerpiece

キッチンやウォッシュルームに置いても良さそうな清潔さと安定感の白も。

早速、プランターのハーブやネジリ草を挿してみました。

細い長いセンターピースは張りのあるリネン。民藝のものと合いそう。

 

 

 

20140718c.jpg

Finland Vintage  linen kichin towel

バーズアイの織り柄が本当に美しいキッチンタオルです。

大判で、丈夫で、料理の時に何回手を拭いても乾きも早くて気持ち良さそうです。

 

是非、楽しみにお出掛けくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140716a.jpg

 

昨日は梅雨が明けたかのようなお天気でしたが、雨になってしまいましたね。

しかも寒い・・・

 

静かな店内ですが、ガラスに生けた花々が彩ってくれてます。

ウェブショップにもアップしましたので、是非ご覧ください。

 

Les-VACANCES Web shop → http://les-vacances.net

 

 

 

やちむん展も終わり、サッカーも終わり、明日は定休日なので、身も心もがフワフワしている店主でございます。

先週から営業しながら名簿整理や次の発注でパソコン、プリンター、ファイル作業の繰り返し。

細かい作業は苦手ですー。早く明日になってくれー。

 

20140714a.jpg

Kaj Franck カイ・フランク 「Sargasso」1966-79  Finland Nuutajarvi

 

 

店頭には大友みゆきさんの焙煎茶が再入荷しました。

この時期、水出しも出来てちょっと特別なお客様のおもてなしに重宝します。

もちろん自分の為に特別な気持ちで入れたりします。

飲むと「あー、やっぱ、美味(うめ)ー」と感動します(仙台弁失礼っっっ)。

 

 

またフィンランドからも商品が届いています。

ARABIA のデッドストック、ヴィンテージガラス、Finelのエナメルボウル、ミルクパン、クロス類です。

密かに人気の蜂蜜も、今週末にはまた採れたてのものが入荷する予定ですので

楽しみにしていてくださいね。

 

 

20140714cjpg.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年7月に店をオープンして、今年5周年を迎えることができました。

これまでご来店くださり、支えてくださった皆様に心から感謝致しております。

本当にありがとうございます。

これからも心温まる器や手仕事のものをご紹介していきたいと思いますので

どうぞよろしくお願い致します。

 

たくさんのお祝いのお花や美味しいものを贈ってくださった皆様にも

深く御礼申し上げます。

 

 

20140704a.jpg

 

 

さり気なく「5」を忍ばせた自然を感じるMISTLETOEミッスルトゥさんのブーケ。

皆さんにお裾分けできるように5つセットでした。

オープン直後からのお客様Yさんからの贈りもの。

本当にたくさんのお客様を紹介してくださり、知名度の低い個人店としては神様のような存在。

また時には影でお店を手伝ってくださったり、いつも感謝しています。

 

 

 

 

20140704i.jpg

 

 

 

20140704h.jpg

 

 

いつも平日にご夫婦でご来店され、お話し会も毎回楽しみにいらしてくださる

Sさんご夫妻から。

たくさんのお花でしたので分けて、いろんなガラスやカゴで楽しませていただきました。

お2人に見守っていただいてると思うと安心して、口下手な私もついベラベラとお話ししてしまします。

 

 

 

 

20140704f.jpg

 

日頃より親しくさせて頂いてる国分町・鮨かなやの親方より、毎年、温かなお心遣いをいただき

感謝感激です。仙台では一番美味しい江戸前鮨なのではないでしょうか。

親方のマンボウトークはツボです!

コツコツ日銭を貯め、お鮨資金を貯めなければ・・・

 

 

 

20140704c.jpg

 

 

お店のお花をいつもお世話になっている三越のモンソーフルールさんから

若く初々しいスタッフさんが届けてくださいました。

お花の品揃えはもちろんのこと、お花が長持ちするのでとても助かります。

 

 

 

 

20140704b.jpg

 

 

レヴァコンスを影で支えてくださる本町ながまるBarのYちゃん。お話し会準備は彼無しではできません!

また私のON/OFF切り替えの場を提供してくれ、しょうもない話しを聞いてくれる

懐の深い、尊敬できるマスターです。

 

 

 

 

20140704g.jpg

 

 

長年親しくお付き合いさせていただいてる古川の「ウジャト」さん。

お先真っ暗な時期に何度助けられたことか。

私の今の道があるのはウジャトさんのお2人のおかげです。

人生を楽しむことも教えていただきました。

 

 

 

 

20140710a.jpg

 

 

最後に、去年天国にいってしまった友人に、ありがとう。

彼女は毎年、周年のイベントの時にひまわりの花束を持ってきてくれました。

心優しい彼女は、やはり優しい絵付けの知花さんの器を楽しく選んでいた光景がいまでも

心に焼き付いています。

今年は彼女の代わりに小中学の同級生がひまわりを届けてくれました。

みんな、いつもありがとう。

 

そして彼女のために、これからも頑張っていこうと思います。

 

 

次回はお菓子編です。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

20140707a1.jpg

 

去る7日、七夕の夜に久野恵一さんのお話し会が開催されました。

この度も参加いただきました皆様、誠に有難うございました。

 

この日、朝から沖縄に台風が直撃するとニュースが報道されていたことや

当店で前日まで行っていた「やちむん展」の商品を展示していたので

「沖縄」についてのお話でした。

 

 

20140707a2.jpg

 

 

お話しが始まる前に、久野さんは読谷村北窯の松田共司さんとお電話でお話しされたそうで

台風はなんとか大丈夫そうとのことで安心。

 

沖縄の気候や地形をプロジェクターの地図で細かく説明されながら、

時代は14世紀までさかのぼり、琉球王国が中国や朝鮮、東南アジアの国とどのように

交流し流通していったか、2時間途切れることなくお話しくださいました

(この話がやちむんに繋がるから更に面白いんです)。

 

 

久野さんは朝に某大学の方で講義をされて、こちらでのお話しと掛け持ちでしたが、

お昼ご飯もお蕎麦とタンメンの掛け持ち(スイーツも召し上がったそうです)だったそうです。

さすがです!

 

北東北を回ってこられた後、仙台で2回、さらに福島でのお話し会開催では

食べてパワーを付けないと心身保てませんよね。

久野さんがお話しされることを私たちも子供たちに伝えていくために

更に勉強して体力も付けていかないといけないなと感じます。

 

 

仙台でのお話し会も20代の若い方が継続して参加してくださるようになりました。

自分の国の本当の伝統を「民藝」という視点から理解し、伝えようと感じてくれる方が

更に増えていくことを願ってやみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140706a.jpg

 

今年もやちむん展にたくさんの方にご来店頂きました。

誠に有難うございました。

 

やちむんの中でも形、技法、色と沖縄の伝統が残り、自然の中で生まれたもの。

環境だけでなく、これを残すために作り手さんの日々の努力や自然との関わりを

思うだけでも有難い奇跡の産物です。

それぞれに良さがあり、感動とワクワクの毎日を過ごしました。

 

 

20140706b.jpg

 

皆さんもご自宅で楽しんでお使いいただけましたら幸いです。

 

・・・今回、奇跡的に私たちが狙っていたものが残りました。

念が飛んでたのでしょうか(笑)

 

 

明日7日と8日は店休をいただきます。

お話し会も是非参加お待ち致しております。

 

有難うございました!!!

 

 

 

 

 

 

 

20140705a.jpg

 

 

お天気の不安定な中、連日やちむん展にご来店頂き誠に有難うございます。

明日が最終日となりますが、美しく、力強いやちむんのお勧めがまだ残っております。

是非、ご来店お待ち致しております。

 

 

 

また明後日、7日(月)は久野恵一さんのお話し会です。

定員はありませんので、こちらも是非参加くださいませ。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は河北ウィークリーさんの記事をご覧になられた方などフリーのお客様の

ご来店の多い日でした。

器そのものの良さを感じて選んでいただきたいので、初めからがっつりな接客はしませんが

初めての方に丁寧に説明しなきゃと思うと、難しいですね。

 

 

20140628a.jpg

 

 

そして、やちむん展もあと3日となりました。

お察しのとおり、たくさんのやちむんが皆さんのお家や飲食店さんの元へ行きましたが、

まだまだお勧めが残っております。

どうぞ楽しみにお出掛けください

(と、柔らかく言ってますが争奪が繰り広げられますのご了承ください)。

 

 

20140703d.jpg

 

 

 

20140703e.jpg

 

 

 

20140703b.jpg

 

 

 

初日ご来店の顧客さんに差入れをいただきました。

甘くて瑞々しいサクランボ、手作りのパウンドケーキ。

大好きな知花?さん(読谷村 横田屋窯)の器で頂きました。

有難うございました。

 

 

20140703a.jpg

 

 

 

 

 

 

写真.jpg

 

やちむん展にご来店いただき誠にありがとうございます。

特に初日はオープン待ちの方もいらっしゃり、ノンストップで息つく暇もありませんでした。

 

今回は7名の作り手さんからの納品で、一つ一つ味わいがあり

とても素敵な器ばかりです。

 

全部良いので、接客できないほど。

湯のみなんて私が全買いしたいくらい良いですがな!

全部自信を持ってお勧めできる品揃えって、本当にこちらが感謝してるくらいです。

 

すべての行程が手仕事で、昔ながらの窯で自然と向き合いながら生まれた器の美しさと力強さを

是非この会期中にご覧頂けましたら幸いです。是非ぜひご来店ください。

 

7月6日(日)まで開催しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ