食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2014年11月アーカイブ

 

 

誠に勝手ながら明日11月28日(金)は店休をいただきます。

 

 

20141127c.jpg

坂本浩二窯 9寸合わせ皿 ¥6,000+税

 

 

いよいよ12月6日からの「小鹿田(おんた)焼展」の納品が始まりました。

開封と検品、値付け、写真撮り、器を拭き拭き、新聞紙をたたんでくくって・・・・・・・

作業が永遠続きます。

 

皆さんのお手元にはご案内のDMが届きましたでしょうか?

まだの方、もう少しお待ちくださいね。

 

 

20141117b.jpg

右:7寸深鉢 / 左:柳瀬朝夫窯 縁付き8寸鉢 ¥4,900+税

 

 

 

 

20141127.jpg

柳瀬朝夫窯 薬味入れ ¥850+税 / 坂本義孝窯 1合壷 ¥1,400+税

 

 

 

 

20141127a.jpg

上:黒木昌伸窯 7寸中深皿 ¥3,000+税/右下:坂本浩二窯 6寸皿 ¥2,000+税 /

左下:縁付き6寸皿 ¥2,000+税

 

 

今回も素朴で、でも美しい小鹿田焼の器。

地味ーーな作業も、手で触って、しっかり準備できるのも幸せな時間です。

皆さんに喜んでいただけますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20141122a.jpg

 

 

11月ももう20日を過ぎたなんて信じられません!

今日、久野さんから

「どう?仙台フォーラムの余韻に浸ってる?」なんて電話を頂きましたが、

なんていうか、浸ってるような、次の小鹿田焼展の準備や、来年の計画、発注、

日々の仕事に追われまくってます。ウェブやブログが更新できず、ごめんなさい。

 

仙台での全国の集いは、終わってしまうとあっという間の時間で、

またあの日に戻って、皆さんや作り手の皆さんともっともっと色んなお話しをしたかった

と悔やんでたりします。あ、これを余韻っていうのか。

 

 

20141122b.jpg

 

 

さて、このギフトシーズンの中、誠に申し訳ございませんが、

来週と再来週は、定休日の他に金曜日も店休をいただく事になりました。

こちらの勝手な都合で申し訳ございません。

 

12月6日からの 小鹿田焼展からまた頑張りますので、楽しみにしていてくださいね。

12月のイベントは以下の通りです。

 

 

 

【 12 月イベント 店休のお知らせ
 
★ 小鹿田(おんた)焼展
2014. 12. 6 ( sat ) - 14 ( sun )
 12:00 〜 19:00 ( sun 18:00 close )
※12/2,5,15,16は準備等のため店休となります
 
300年以上も前から一子相伝で続く大分県小鹿田焼。
昔と変わらぬやり方で、薪の登り窯で作られた
素朴で美しい焼きものが揃います。
 
 
★ 大友みゆきさんの「食事室」
ハンドリフレクソロジートリートメント付き 
 参加費¥2,580
11. 30 ( sun ) 11:00〜13:00  参加申込受付中
12. 28 ( sun ) 11:00〜13:00  参加申込受付中
 ※ 12:00より店は営業させていただきます
 
参加希望の方は大友みゆきさんのブログよりお申込ください
 
 
 
みゆきさんの食事室も冬のメニューで身も心も温まりそうですね。
まだ1、2席お席が空いてると思いますので、どうぞ楽しみに参加くださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

20141121c.jpg

 

イラストレーターの小関祥子さんの2015年カレンダーとクリスマスカード、

定番の紙ものが入荷しました。

 

小関さんはモチーフを切って貼って、イメージを仕上げています。

 

「こんなカードもらったら嬉しいな」というのが私の第一印象でした。

最近はもっぱら差し上げる側ですが・・・。

でもそんな自分のためのアイテム、カレンダーが入荷したので、来年も飾るのが楽しみです。

しかも私の好きなモチーフ揃い!!!

 

 

 

20141121b.jpg

 

 

(左側)見えにくくてスミマセン。

切り絵とは思えない優雅さ。愛らしいモチーフたちです。

1部税込み¥1,050となります。

 

 

20141121a.jpg

 

 

モチーフに私が好きなイタリアンパセリがある!と思ったら、パクチーでした・・・苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20141103a.jpg

 

今年も編組展を無事に終える事ができました。

手仕事フォーラム全国の集い、そしてレヴァコンスへご来店頂きました皆様

誠に有難うございました。心より御礼申し上げます。

 

今回は、「稲と手」がテーマだったので農具に使われた箕や背負いカゴ、牛が餌を食べる時に

使われていた形を模したカゴなど、今はあまり使われなくなった形のものもありました。

それらは今は使わないからと、作らなくなったら世の中から消えていく形です。

 

それを残すために、久野恵一さんがあえて作り手に依頼して作ってもらってるのです。

 

ホームスパンのネックウェアも1つの色を作るのに3色の羊毛を混ぜて紡いでいるので

何ともいえない微妙な色合いがとても美しく、気持ちの良い肌触りです。

スコットランドから伝わり、盛岡に残るホームスパン。ハリスツィードやシャネルでも有名ですが

蟻川工房さんのホームスパンも手紡ぎ、手織りで温かく、何十年と着れる織りものです。

店はネックウェアが中心ですが、今回は服地の注文もお受けする事ができました。

 

それらの貴重なものを当店で展示販売させていただけたことは、とても有難く

本当に勉強になりました。

 

 

20141107c.jpg

 

 

 

20141107b.jpg

 

 

片付けもまだまだなのですが、皆さんからの差入れにパワーをいただき、

ブログを書けるまですこーし余裕が出てきました(オバはんなのでパソコンとか苦手です)笑

ご馳走さまでした!!!

 

そんなこんなで、またいつものレヴァコンスでお待ちしております。

 

 

 

20141107a.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20141101a.jpg

外村ひろ ランチョンマット(浅葱)

 

郡山しめ飾り作りの熊田さんの稲穂が添えられた贈り物をいただきました。

「全国の集いお疲れさま」と。

裏でお手伝いをしてくださったSさんより。

お手製の小豆のホットパックでした。

日頃から目の疲労がひどいので本当に有難いプレゼント。

あー、早く小豆の香りに癒されたーい。

 

 

今回のイベントのお手伝いの方は皆さん機転が利いて、判断力があり、

東北人の出しゃばらない気質はそのままで、でも率先して動いてくださるという

素晴らしいメンバーに恵まれたと2人で当日を思い出し盛り上がりました。

 

私の至らないところをたくさんフォローしていただきました。

皆さん、本当に本当に有難うございました。お疲れさまでした。

 

 

20141101b.jpg

外村ひろ ノッティング(ピンクベージュ)

 

また、Hさんより草むらになる付箋をいただきました。

新しい手帳にいっぱい貼ろう!楽しみ。

 

編組展今回はまだまだ商品ありますよ。

でも、某有名工芸店オーナーK氏より残ったら返してね、と狙われてる貴重なかごもあるので(笑)

残り2日のうちに是非見にいらしてくださいね!

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ