食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2015年6月アーカイブ

 

 

20150628a.jpg

 

 

FinlandのVintageのものが入荷しています。

Iittalaがカルフラという工場で製品を製作していた1917〜50年頃のガラスボトル。

ときどーき、入荷するのですが、毎回すぐに売れてしまってじっくり眺める暇もなかったのですが、

その後の時代(アートなガラスを作る時代)の前はもっと生活に馴染んだものをたくさん

製作していたんだなと、まじまじと眺めております。色もきれいですね。

 

ARABIAの「ALI」シリーズも久しぶりの入荷です。

今回はC&Sとケーキプレート。ブルーがとても涼しげです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日28日と7月の前半に、諸事情が重なってしまい、

定休以外にも店休をいただくことになりました。

 

また「金継ぎワークショップ」開催の7月12日(日)は、

開催時間前の14時から16時半まではクローズいたしますのでご了承くださいませ

狭い店内で割れものの修復作業を行います。安全を考慮し、またワークショップに参加される方も

集中される作業となりますので、ご理解いただければと思います。

 

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご来店の際には

ウェブサイトをご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

 

【 店休日 】

6月28日(日)

7月2(木)、5(日)ー6(月)、9(木)、16(木)、23(木)ー24(金)

 

【 一時クローズ 】

7月12日(日)14時ー16時半

 

 

 

 

20150627b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150624b.jpg

 

 

24日までの「沖縄・やちむん展」にご来店いただき誠にありがとうございます。

おおらかで、頼もしいやちむん。

皆さんがやちむんを使う時間が豊かな良い時間でありますように。

 

 

ご来店のお客様や、ブログとインスタグラムをご覧いただいてる皆様が

レヴァコンスにとても美しく、そしてとても良い状態のやちむんが揃っていることに感動され、

喜んでくださりました(それだけ皆さんもたくさん良い物を見てるということですよね)。

 

商品をセレクトしてくださいました鎌倉のもやい工藝さんにも心から感謝しております。

 

 

 

 

20150624a.jpg

 

 

 

さて店には、フィンランドからARABIAのヴィンテージが入荷しております。

諸事情により不定休になりますが、どうぞお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2078 copy.jpg

 

 

本日も「沖縄・やちむん展」にご来店いただき誠にありがとうございます。

「天の紅茶」も入荷しました。水出しも美味しいので早速ご好評いただいております。

 

今回は、皆さんがご紹介してくださった''口コミ''でご来店してくださる方もみられ、

初めてご来店の方にもゆっくりお選びいただけて、とても感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

IMG_2128 copy.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2137 copy.jpg

 

 

 

 

 

よく、「どれがお勧めですか?」とか「どれが人気ですか?」と聞かれるのですが

全て「民藝」の視点で厳選されたものなので全部お勧めです。

是非、見た目で選んじゃってください(久野さんもそう言ってたしね)。

 

そして「これのどの辺がお勧めなんですか?」という質問なら

答えられるかもしれません(笑)

 

ギフトももちろん良いですが、ここまで良いものだと

人にあげるのもったいない!と店主は思ってるくらいです(笑)

 

 

 

 

IMG_2129 copy.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2130 copy.jpg

 

 

 

 

残り2日間でーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2063 copy.jpg

沖縄北窯 松田共司窯 7寸皿/4寸筒花瓶

 

 

 

 

IMG_2068 copy.jpg

 

沖縄北窯 松田共司窯 塩壷(高さ12.5cm)

 

 

 

 

IMG_2041 copy.jpg

左上、左下/読谷 フリーカップ   右下/松田共司窯 フリーカップ

 

 

 

 

本日も「沖縄 やちむん展」にご来店いただき誠に有難うございます。

県外のお客様からもメールや電話、インスタグラムからもお問い合わせをいただき

お待ちいただきながらもご紹介させていただいております。

本当にありがたいです。

 

フィンランドから商品が届いたり(少しですが今週末の展開予定です)、他会場のイベント準備など

接客の合間にバタバタと追われておりますが、気分は「やちむん」です。

 

 

 

 

IMG_2069 copy.jpg

 

 

 

開店前の昼食(夜中にナナエ先生のベトナム料理おさらいした)も、

松田共司さんの若かりし頃の器にジップロックから移して、

横田屋窯さんのマグに天の紅茶の水出しを注いでいただきます。

 

この共司さんのお皿は実は外側に反り返っていて2級品なのですが、

久野さん曰く、「ペケ品(B品)の逸品」なのだそうです。

縁に施された絵付けは、熟練とはまた違う、若さならではの力強さと、おおらかさ、

てらいがなく、お皿全体からは、何十年も使い込んでいるこっくりとした味わいが感じられます。

でも反ってしまってるがために2級品となってしまったそうです。

久野さんに教えていただかないとわからないことですよね(ここでも久野ロス)。

 

特に沖縄の焼きものは同じ作り手さんでも(たとえ熟練の共司さんでも)窯出しのたびに

表情が全く違います。それを毎回見るだけでもその時の気候や窯の状態など

読み取ることができ、自然のものがどうのように焼きものに影響したのかがわかります。毎回違います。

なので''そこ''を見ようとしてる方にはどんなに遠くても、やり取りが大変でも

「その人に見てもらいたい。使ってほしい」と思いできる限り対応させていただいてます。

 

 

お話し会のように聞いて知識にするのは本当に貴重だし大事です。

でも同じものでもたくさん見て発見することや、たくさん使って知ることも

とても大事なことだと感じる3日間でした。

 

 

「やちむん展」は明日も営業でーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSC_0013 copy.jpg

 

 

 

今年もやちむん展が始まりました。

初日にご来店の皆様、誠にありがとうございました。

 

皆様がゆっくりと、じっくりと選んでくださっていたのが印象的でした。

 

今回は、仙台の手仕事フォーラムの方や、久野さんのお話し会に参加されてた方が

手伝いに来てくださり、私も安心して、心置きなく皆さんとお話することがでしました。

 

 

 

SSC_0018 copy.jpg

 

 

沖縄ならではの釉薬を使った技法や形などの特長は、皆様に伝わったでしょうか?

 

 

 

SSC_0015 copy.jpg

 

 

明日14日(日)は大友みゆきさんが天の紅茶をご来店の皆さんにいれてくださいます。

どうぞ楽しみにお出かけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lv_yachimun15.jpg

大宜味村、読谷村北窯

 

 

今週の土曜日から今年も沖縄の焼きもの「やちむん展」を開催致します。

今回も鎌倉のもやい工藝さんに厳選していただいた美しいやちむん揃いです。

 

 

 

20150609c.jpg

照屋佳信窯

 

 

 

 

 

yachimun10a.jpg

横田屋窯

 

 
 
沖縄の焼きものの形はどれも独特で、歴史、飲食、風土風習が色濃く形に表れています。
「伝統」は形だけではなく、作り手の目線、方向性、
とらえ方がなければ物は生かされないし、生きていかない。
 
 

 

それを守り、日本の伝統として未来に残すことが大事なので、
その目線で、本ものの「民藝」と見極められて選ばれた器たちを
しっかりと見ていただければ幸いです。

 

 

 

 

yachimun10c.jpg

読谷

 

 

 

 

 

 

yachimun10b.jpg

糸満

 

 

 

 

20150609b.jpg

読谷村北窯

 
 
 
 
「沖縄・やちむん展」
6月13日(土)ー24日(水)12:00-19:00 (日曜/最終日18:ooclose)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

unnamed.jpg

 

6月の大友みゆきさんによる食事室&香草ハンドリフレクソロジートリートメントに

参加いただき誠にありがとうございました。

仙台は爽やかな風が吹いていて、気持ちの良い1日でした。

6月のメニューは以下のとおりです。

 

夏至の献立

大根とモロッコインゲンの蒸らし焼き、焼き茄子のシークワーサー酢

秋田の揚げ豆乳マスタードシード煮

煎茶炊きご飯

ひとえ草の昆布だしスープ

ペニーロイヤル茶

本日の一品 白瓜の漬けもの、ズッキーニ、焼きトマト添え

 

 

201500608a.jpg

 

 

20150607a.jpg

 

 

今回は、やちむんや小鹿田焼などの定番の器の他に

鳴子漆器と浄法寺塗りの古いお皿を使用しました。

ガラスとのコントラストもとても綺麗でした。

 

 

体にスーッと染み込んでいくのを感じるスープから始まり、

素材の味をしっかりと味わえ、装いからは想像つかない味付けの

みゆきさんのお料理は、「おおおおぉー」と皆で唸る感動です。

 

 

 

20150608b.jpg

 

 

 

食後の香草ハンドリフレクソロジートリートメントは

サボテンの花やサンザシの果実などの有機ハーブ酒

(Homeopathy JapanCo.さんの商品です)のブレンドしたものでゆっくり行います。

 

中からも外からも体が浄化されていく食事室です。

7月は18日(土)です。3席空きがございますので是非、参加お待ちしております。

満席となりました。お申し込みありがとうございました。

 

 

 

 

20150608c.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150608g.jpg  unnamed (3).jpg

 

沖縄・再生ガラス 18cm平皿 片口、マカイ / Sweden vintage cloth / ARABIA Vintage C&S cake plate 

 

 

紙もの、5月いっぱいと考えていましたが、通常発注分が届きました!笑

小関祥子さんの切り絵の紙ものも充実です。

 

もう少しだけ紙ものスペース前面で・・・

 

 

 

unnamed (2).jpg

 

桂樹舎和紙 はがき箱/小関祥子ポストカード/大因州製紙ちぎり絵用和紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ