食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

2016年9月アーカイブ

 

 

20160921e.jpg

 

 

 

「九州の焼きもの展」もいよいよ折り返しとなりました。

ご来店いただきました皆様、誠にありがとうございます。

今回も美しく、形、作りがしっかりとした器ばかりです。

 

 

 

 

20160921a.jpg

 

 

 

 

個人的にも使って育ててみたい熊本・小代焼(しょうだいやき)の海鼠釉(なまこゆう)のマグ。

焼きものの使い続けると’’しっとりと’’?、’’こっくりと’’?、’’とろっと’’? 何て表現したら良いかわからないけれど

少しずつ変化していく様が楽しみでなりません。

毎日コーヒーを染み込ませたい!

私にとってそんなマグです(売れ残ればの話ですけど・・・)。

 

 

 

 

 

20160921b.jpg

 

海鼠釉はもちろん器など他のアイテムもあります。

 

 

 

 

20160921d.jpg

 

 

こちらは有田焼。

家の窓から庭の野菊を眺めていると想像できる古典の柄です。

他の有田焼とはちょっと違いますね。

どう違うのかは、その続きはお店で。

 

 

 

 

20160921c.jpg

 

 

小鹿田焼のトビカンナのマグ。

この ''ペア’’も 同じものなのにそれぞれの個性が楽しいです。

 

小鹿田焼もシンプルな定番のものと特別に注文されたものも入荷しています。

 

展示会は25日(日)までとなります。

なるべく皆さんとお話ししながら、九州の焼きものの良さをご案内できればと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160909a.jpg

 

 

 

20160909b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、手仕事フォーラムの主催で「東北スタディーツアー」を行いました。

第一回目は、秋田・星耕硝子工房と岩手・小田中染色工房で12名の方と見学に行きました。

このメンバーは、久野恵一さんのお話し会から現在のDVD鑑賞会に参加されている方で、

参加者の皆さんにも企画から打ち合わせ、準備までご協力いただきました。

また、久野恵一さんの後継となられた、鎌倉のもやい工藝店主、手仕事フォーラム代表の

久野民樹(たみじゅ)さんにも引率していただき、大変お世話になりました。

手仕事のものが作られる現場を実際に見て、作り手の声を聞き、使い込んだ道具や影で支える家族の愛情。

たくさんのことを発見できた良い勉強会になったと思います。皆様ありがとうございました。

 

 

また参加者の方が手仕事フォーラムのブログに感想を書いてますのでそちらも是非お読みくださいね。

手仕事フォーラムのブログ http://blog.teshigoto.jp

 

 

 

20160905a.jpg

星耕硝子の伊藤嘉輝さん 蓋付きの''蓋''の製作実演

 

 

 

20160905b.jpg

 

 

 

 

20160905c.jpg

 

 

 

 

20160905d.jpg

小田中染色工房 小田中耕一さんに最新のお仕事「そばと私」の製作実演

 

 

20160905e.jpg

型染めの手ぬぐいの製作の流れ

 

 

 

20160905f.jpg

 

 

 

 

20160905g.jpg

過去の作品の数々 「そばと私」は9月5日(あれ、今日ですね笑)発売

 

 

 

20160905h.jpg

日常で手仕事のものを使い、さらにそれが作られた現場を知るとものに愛着がわきます。

自然や人の手から生まれた''もの''を大切に使い続けたいです。

 

 

 

 

20160905i.jpg

そして私たちができることは次の代に引き継ぎ、未来に残すこと。

 

 

このスタディツアーは、また引き続き行う予定です。

しかし現場を訪れるということは、作り手の仕事の手を止めることになります。

そのため頻繁には難しいですが、作り手さんに配慮しながら今後も皆さんをご案内できたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ