食器の店 Les-VACANCES レ・ヴァコンスです。 その土地の伝統を感じられる食器を仕入れています。

旅・訪ねるの最近のブログ記事

 

先日、手仕事フォーラムの主催で「東北スタディーツアー」を行いました。

第一回目は、秋田・星耕硝子工房と岩手・小田中染色工房で12名の方と見学に行きました。

このメンバーは、久野恵一さんのお話し会から現在のDVD鑑賞会に参加されている方で、

参加者の皆さんにも企画から打ち合わせ、準備までご協力いただきました。

また、久野恵一さんの後継となられた、鎌倉のもやい工藝店主、手仕事フォーラム代表の

久野民樹(たみじゅ)さんにも引率していただき、大変お世話になりました。

手仕事のものが作られる現場を実際に見て、作り手の声を聞き、使い込んだ道具や影で支える家族の愛情。

たくさんのことを発見できた良い勉強会になったと思います。皆様ありがとうございました。

 

 

また参加者の方が手仕事フォーラムのブログに感想を書いてますのでそちらも是非お読みくださいね。

手仕事フォーラムのブログ http://blog.teshigoto.jp

 

 

 

20160905a.jpg

星耕硝子の伊藤嘉輝さん 蓋付きの''蓋''の製作実演

 

 

 

20160905b.jpg

 

 

 

 

20160905c.jpg

 

 

 

 

20160905d.jpg

小田中染色工房 小田中耕一さんに最新のお仕事「そばと私」の製作実演

 

 

20160905e.jpg

型染めの手ぬぐいの製作の流れ

 

 

 

20160905f.jpg

 

 

 

 

20160905g.jpg

過去の作品の数々 「そばと私」は9月5日(あれ、今日ですね笑)発売

 

 

 

20160905h.jpg

日常で手仕事のものを使い、さらにそれが作られた現場を知るとものに愛着がわきます。

自然や人の手から生まれた''もの''を大切に使い続けたいです。

 

 

 

 

20160905i.jpg

そして私たちができることは次の代に引き継ぎ、未来に残すこと。

 

 

このスタディツアーは、また引き続き行う予定です。

しかし現場を訪れるということは、作り手の仕事の手を止めることになります。

そのため頻繁には難しいですが、作り手さんに配慮しながら今後も皆さんをご案内できたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150115c.jpg

 

鎌倉のもやい工藝さんへ新年のご挨拶と打ち合わせに行って参りました。

商品や展示会の相談だけでなく、窯場さんの最新情報なども細やかに教えていただけ、

今年1年、店を運営していくのに安心し、そして心構えが整っていきます。

 

まだまだ私では経験が浅いので、ベテランのHさんに話しを聞いていただき、

様々なアドバイスをいただくとお腹の底からパワーが湧き出てきます!

 

 

20150115b.jpg

 

もやい工藝さんでは、月に1回、手仕事フォーラムの勉強会を行っており、

レヴァコンスをオープンする前に仙台から通って参加しておりました。

店をオープンしてからは殆ど参加できませんが、その代わり仙台でお話し会を

開催してくださる事になり本当に感謝しきれないほどです。

 

奥様の笑顔と優しさに癒され、若いスタップさん(この日は2名でした笑)の

楽しい会話に交ぜてもらい、外は豪雨でしたが、気持ちが晴れやかになりました。

皆さん、有難うございます。

 

 

20150115a.jpg

 

 

1月20日(火)はもやい工藝のオーナー久野恵一さんのお話し会が仙台で開催されます。

定員はございません。

どなたでも参加いただけますので、お気軽に参加ください。

11回目となる今回は、DVDを観ながら沖縄の話になりそうです。

深ーい沖縄の話しを聞くと、やちむんを使うのが更に楽しくなりますよ。

どうぞお楽しみに。

 

 

「久野恵一さんのお話し会 vol.11」
 日時:1月20日(火) 18:30〜20:30 (18:00開場)
 会場:曹洞宗 林香院 1階ホール     
       宮城県仙台市若林区新寺5−1−1
 参加費 : 500 円
           
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

sakyu5.jpg

 

 

手仕事フォーラムのイベント「鳥取・願正寺フォーラム」に参加するため、

前々日の夜の peach で、大阪まで行き、翌朝の高速バスで鳥取に入りました。

peach 噂どおり安かったです。

「機内が狭い!」と聞いてましたが、プロペラ機に比べたら全然普通でした。

 

 

sakyu2.jpg

 

 

まずは、手仕事フォーラムのブログでチェックしていた中井窯さんのお皿で鳥取牛のランチが

頂ける「Cafe SOURCE」で腹ごしらえ。お店の方がガイドブックを貸してくださったので、

観光名所をチェック。自由な時間は今しかないのでどこか行きたい!

鳥取は以前も訪れたことはあるのですが、その時も民藝の旅みたいな感じだったので

鳥取に何があるのか殆どわからないわけで・・・

 

因幡の白ウサギの海岸? それとも◯◯博物館?

でもチラチラ目に入ってくる「鳥取といえば」のその名所。

「やはり砂丘行っときます?」 という流れになり、鳥取駅からバスにゆられて30分。

 

 

sakyu3.jpg

 

 

砂丘の入り口で長靴を借りて、その先を見渡すと人がアリンコみたいに小さいのです。

いったいあそこまで何分かかるの?しかも急な傾斜の山をみんな登ってる。

 

「オアシス(水が溜まっているところ)まで行ったら戻りましょう」

なんて最初はやる気がない感じだったのですが、まわりの雰囲気に飲まれてしまい

(登れそうもないおばあさんが、2人くらいに支えられながら必死に登ろうとしている姿を見てしまって・・・)、

とうとう、小高い山の上まで登ってしましました

(ほら、写真には杖を着いて歩いてるおじいさんが写ってるでしょう?)。

 

私の歳でも結構ハードな傾斜でした。

翌日、同行してくださったフォーラム仲間のSさんはお尻が筋肉痛だったそう。

 

 

sakyu1.jpg

 

 

小高い山の向こうは日本海。

太平洋に見慣れてるためか、波がなく静かな青い海に感動してしまいました。

 

しかし後日、移動の車の中で某大学の教授でいらっしゃった O 先生にその事を話すと、

「でも砂丘は世界から見たらお砂場みたいなもんなんだけどね」

と言われてみょうに納得。素敵な O先生が言うので思わず笑ってしまいました。

 

食べ物は安くて美味しいし、格安のビジネスホテルだと思っていた宿に温泉があったり、

初日から楽しく鳥取を満喫することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントが一段落して、疲れてるのか何だかわからない勢いで蔵王温泉に行ってきました!

土地の神社様にご挨拶してから、ロープウェイに乗ってどっこ沼まで。

少し紅葉していて、ブナの実を拾ったり、沢を歩いたり・・・

 

zaou1.jpg

 

疲れにきてどうするの?というくらいハードなひと時でしたが

この自然の一瞬を逃す訳にはいきません。あー、癒されるー。

途中、蛍光グリーンの蝶々やトカゲを見ました!

 

zaou2.jpg

 

本格的な紅葉はまだまだこれからですが、

日常と違う景色を見るのは、どんなに疲れていても、リフレッシュできて

切り替えができる何よりの時間です。

 

 

 

ロープウェイを降りて、温泉街の石畳を下りてくると・・・

 

zaou3.jpg

 

なんと、スタッフYさんが足湯に浸かってるではありませんか!

しかも、小田中耕一さんの型染めの手ぬぐいを被って、、、さすがです(何がさすがかは?)!

 

美味しいお蕎麦と稲花餅(いがもち)を食べ、温泉を満喫しました。

良いお休みを有難うございました。

 

 

 

 

ishimoto ex3.jpg

 

フィンランドの陶器メーカーARABIA で作品を製作されている石本藤雄さんの

展示会を見にいってきました。

 

当店では時々、石本さんがマリメッコでデザインされた頃(1974-2006) の布を

扱っております。石本さんの布は、他の方のもう少し分かりやすいデザインのものと比べ

日本の器やインテリアとも相性が良く、落ち着いた色味と

細やかなグラデーション、モチーフを想像させる奥の深い作品が特徴のように感じます。

 

今回たくさん展示されていた花の陶器はどれも奔放さの中に、甘すぎない

静かなたたずまいと、ずっと眺めていたい楽しい印象を受けるものでした。

 

ishimoto ex4.jpg

 

ishimoto ex.jpg

 

ishimoto.jpg

 

 

私は、北欧の中でも特にのんびり感のあるフィンランドという国の人や雰囲気に、

初めて訪れた時からなんとも言い表せない安心感を抱き、

自然や物にも抵抗や違和感がなかったので、こんな自然のモチーフのものには

すっかり和んでしまいます。

 

それだけ人間と自然が身近で、当たり前で、昔からそこにあるものを国民が今も誇りに思い、

感謝して生活しているのです。

 

私以外にもこんな風に感じてる方、世界中にきっと多いですよね。

なんかそんな事をあらためて、思いふけった休日のひとときでした。

 

「石本 藤雄 布と陶・冬」   (会期は延長になったようです)

Extended to 2013年1月14日(月) 

※ 2012年12月30日ー2013年1月4日 closed

東京・青山スパイラルガーデン(スパイラル1F)

 

ishimoto ex2.jpg

 

 

 

 

DSC00417.jpg
 
先月、富山・八尾にある桂樹舎を訪れました。
 
 
昔ながらの日本の風景が残る八尾の町は、『おわら風の盆』で有名ですが、
昔から和紙の生産としても有名です。
 
 
桂樹舎で行われた「くらしの工芸 更に日本の民芸展」に参加したのですが、
展示室のほうでは、芹沢銈介氏の作品も見る事ができました。
 
DSC00420.jpg
 
 
 
八尾のとあるお菓子屋さんでは、
桂樹舎の吉田桂介氏がデザインした包み紙が使われていて、
テンションが上がり思わずパチリ♪
 
 
DSC00499.jpg
 
 
こんなふうに、町を歩いていると、
ところどころで吉田桂介氏のデザインに触れる事ができます。
 
その町の伝統の物が日常のものとして使われていることに感動し、
ますます興味が深まりました。
 
レ・ヴァコンスでも、桂樹舎の和紙小物を扱っておりますが、
今週末のピック・ヨウルにもいくつかの和紙小物を持って
参加する予定です。
 
現代の日本の生活にもとけ込むモダンなデザインを
ぜひ楽しみにご覧頂ければと思います。
 
 
 
IMG_1812.jpg
 
 
 
 
訪れた日・・・2012/10/20、21        スタッフY
 
 
 
 
 

イギリス北欧への仕入


昨夜、ヘルシンキ経由でロンドンに到着しました。
ロンドンはオリンピック前だからか、以前よりも
ユニオンジャックを至るところで目にします。
とってもcoolです!

しかしヘルシンキからの3時間がツラかったー(>_<)
おしりが痛いのなんのって
年々トランジットがキツくなっている。。。

私よりひと回り以上歳上の同業者の先輩方の方が
タフなんだよなー。
更に車運転して、フランス縦断、北欧横断するんだもん!

私はまだまだプチバイヤーなので、電車やバスでコツコツですが、
いつかコンテナ持てるようになった時の事を考えて、
体力付けておかないと。
帰国したら加圧トレーニングかー!

.......と毎回、同じ事を思うのに何も変わらず、これを繰り返してます。


とりあえず、仕入れの旅、無事にスタートしました。
毎回のように店がお休みになるので皆様にはご迷惑をおかけ致します。
伝統の素敵な器に出会えますよう、頑張って参りますので
楽しみに待っててくださいね。

IMGP2680.JPG

 

今年の紅葉はゆっくりじわりじわりと色づいていく感じ。

あっという間に季節が過ぎ去って行かないところがちょっと嬉しいなあ。

今日の西公園なんてParisのようでしたよ、色っぽいのなんのって!!!

西公園はすこーし雨が降りそうな天気の方が、スモーキーでいい雰囲気です。

川向いにお住まいのNさんは今朝早くに広瀬川で白鷺が魚を捕まえてるところを

望遠鏡で観察していたらしく、なんだか楽しい気分になりました。

 

IMGP2910.JPG

 

明日はまた仕事にからめて旅をしてきます。盛岡に行ってきます。

7日(月)、8日(火)とお休みをいただきますのでご了承くださいませ。

この時期にしか見れない景色、出会いを求めて行ってきますね。

 

みなさんもほんの一瞬しか見れない景色、季節を感じ、

今日という時間を大切に楽しんでください。

それでは行ってきまーす。

 

 

 

 

 

 

北欧から戻りました

2011-09北欧仕入れ 021.JPG

 

こんにちは。

先日、北欧の仕入れ出張より無事に戻りました!

 

今回は2年振りの国外でかなり緊張しましたが、

素敵なものとの出会いもたくさんあり、おかげさまで楽しく仕入れが出来ましたよ。

それでもまだまだプチバイヤー。

厳選した、かなり偏ったセレクトですけど・・・(いつものことかっ笑)

 

 

皆さんに頼まれているものは、荷物が無事に到着したのを確認後、

ご連絡させて頂きますね。

今回仕入れしたインポートは10月の第3週末から店頭に並ぶ予定です。

楽しみにしていてください。

 

sweetbrier.JPG

 

そして早速、臨時休業を頂いてしまい申し訳ございません!!

いつもは時差ボケが無い私ですが、今回は何だかいつもと違う・・・

あまりにもフラフラして身体に力が入らないと思っていたら

熱が38℃もあってビックリ!

 

ハライタくらいなら店を開けますが、ウィルス系はさすがに心配・・・

当店のお客様はお子様連れの方も多いので臨時休業させて頂きました。

ご来店を予定されていたお客様には変更して頂き、

誠に申し訳ございませんでした。

 

明日から28日(水)までは休まず営業しますので、

お散歩がてら是非遊びにご来店くださいね。

 

フィンランドのチョコレートを食べながらお喋りでも・・・・・

 

2011-09北欧仕入れ 026.JPG

 

design museum.JPG

 

 

 

 

 

miyagisan 001.JPG

当店でもとっても人気がある沖縄・宮城正享窯の器。

次の窯出し分もほとんど予約待ちの方へ。

このイッチンというケチャップの容器のような入れ物から

陶土を出して描いていく技法。

先日の沖縄の旅で、イッチンの実演を見学させて頂きました。

okinawa2011 226.JPG

 

宮城さんは黙々と手を動かし、どんどん描いていきます。

1枚描くのに2分かかってないと思います。

早くて美しいのは、どんな仕事にも求められることですよね。

釉をかけられたものはこの状態で窯に入ります。

 

okinawa2011 230.JPG

焼き上がった器は、この配色です。

okinawa2011 234.JPG

唐草が立体的で、重厚感もありとても美しいのです。

インポートと間違われて購入する方もいらっしゃいます。

 

okinawa2011 240.JPG

okinawa2011 241.JPG

 

宮城さんの器は毎回色味や雰囲気がかわって、登り窯ならではの

面白さが楽しめます。

3月の窯出しのものも待ちどうしいです。

 

松田共司窯訪問は、手仕事フォーラムのブログにアップしました。

是非、ご覧くださいね。http://blog.teshigoto.jp/ 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち旅・訪ねるカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは立町、大町のオススメです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ